#author("2022-06-22T01:47:05+00:00","default:dpsws2022","dpsws2022")
#author("2022-06-22T01:47:24+00:00","default:dpsws2022","dpsws2022")
* 第30回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2022) 論文募集 [#zc7db227]

** 開催概要 [#m34b7a43]

- 開催日時:2022年10月24日(月)〜26日(水)~
- 開催形態:ハイブリッド開催 (オンライン/オンサイト併催)~

- 会場(予定):&color(blue){[[皆生温泉 皆生グランドホテル 天水>https://www.kaike-grandhotel.co.jp/tensui/]]};(〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉4丁目18−45)~
URL: http://www.dpsws.org/2022/~
- 主催:情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会~

~
情報処理学会マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会では,高速通信,分散コンピューティング,マルチメディア情報通信,知的通信,プロトコル,分散協調などの研究分野について,活発な研究発表が行われております.これらの研究について,通常の研究会ではできない深い議論を行うため,1993年より合宿形式のマルチメディア通信と分散処理ワークショップを開催してまいりました.これまで皆様のご協力により,湯布院(1993年)を皮切りとして,最
近では,川上峡(2018年),登別(2019年),伊東(ハイブリッド)(2020年),霧島(ハイブリッド)(2021年)でワークショップを開催してきました.毎回,多くの方の参加をいただき,充実した議論を通じて多くの成果を得ています. 
2022年は2021年と同様,オンライン/オンサイトの併催のハイブリッド形式にて開催する予定です.オンサイトの会場は、鳥取県米子市の皆生温泉となります.つきましては,研究活動の活性化および新しい研究の方向を探る場として,皆様のワークショップへのご参加と活発で有意義な議論をお願いいたします.
多くの皆様のご参加をお待ちしています.


** テーマ [#sed142fa]
マルチメディア通信/処理/システム,分散コンピューティング/処理/アルゴリズム/オブジェクト,オーバレイネットワーク,P2P,クラウドコンピューティング,モバイルコンピューティング,アドホックネットワーク,IoT,DTN,グリッドコンピューティング,ネットワークアーキテクチャ,コンテクストアウェアネス,高度道路交通システム(ITS),感性情報システム,創発的ネットワーク利用,ユーザ参加型ネットワーク,ソーシャルネットワーキング,マッシュアップ,ネットワークサービスプラットフォーム,ユビキタスコンピューティング,Webサービス,SOA,SaaS/PaaS/IaaS/DaaS,IMS,災害時通信,省電力システム,応用・社会システム,ブロックチェーン,セキュリティ,システム, 仮想化,ネットワーク仮想化,通信プロトコル,経路制御/品質制御,ネットワーク管理,CPS,インターネットと運用技術
(必ずしもこれらに限りません)

** 論文執筆要領 &color(red){NEW!}; [#l4619398]
** 論文執筆要領 &color(red){《NEW!》}; [#l4619398]
いずれも電子投稿とし,LaTeXスタイルファイル,MS-Wordテンプレートファイルを用いてください.
- [[LaTeXテンプレート(.zipファイル, 166kB)>https://dpsws.org/2022/template/dpsws-latex-template.zip]]
- [[LaTeXテンプレート(Overleaf)>https://www.overleaf.com/latex/templates/dpsws2022-template/wdwgmpsthjhh]]
- [[MS-Wordテンプレート(.zipファイル, 49kB)>https://dpsws.org/2022/template/dpsws-word-template.zip]]

** 論文カテゴリ [#nb5a9b9a]
''1. 一般セッション発表(一般論文) ''
- 学術的な研究論文に限らず,事例報告,問題提起などの論文もぜひご投稿ください.英語論文も歓迎します.
- 本研究会様式(縦長,シングルスペース,2カラム)で,原則6~8ページ程度とします.
- 審査の結果,ショートプレゼンテーションやポスター発表として採録する場合もあります.
~
~
⇒ 投稿は&color(blue){''「[[一般論文投稿>Paper]]」''};から

~
''2. 特別セッション発表(デモ・ポスター)''
- 試作ツールやシステムの紹介,会場での実験,製品紹介等のデモンストレーションを募集します.
- 研究途上にあるテーマの中間報告,問題提起や討論,新分野への取り組みなど,テーマ別のセッションの中では発表しにくい内容や,時間に制限されない発表を希望される方のためにポスター発表を募集します.
- 本研究会様式(縦長,シングルスペース,2カラム)で,1~8ページ程度の原稿を予稿集に収録します.
- デモ機材への大容量の電源供給は保証しません.また,安定した高速インターネット接続も確約できません.必要な場合は各自でご用意・ご確認ください.
優秀な論文には,査読結果に基づいて「最優秀論文賞」「優秀論文賞」「奨励賞」などの表彰を行います.また,優秀なプレゼンテーション,デモ・ポスター発表,および質疑応答も積極的に表彰します.情報処理学会論文誌へ研究会推薦論文として推薦も行います.
~
~
⇒ 投稿は&color(blue){''「[[デモ・ポスター論文投稿>DemoPoster]]」''};から

~
''※二重投稿の取り扱いについて''~
本ワークショップへの投稿する論文の内容と同じ物を,他の研究集会へ既に投稿中である,また本ワークショップの採否が決まるまでに投稿することは,二重投稿となり認められません.ただし,情報処理学会論文誌に対しては,上記の二重投稿を認めます.なお,その場合は本ワークショップからの論文誌推薦の対象からは除外されます.

** スケジュール [#t744f58c]
- 一般論文投稿締切: 7月15日(金)
- デモポスター論文投稿締切: 8月21日(日)
- 論文審査結果通知: 9月2日(金)
- カメラレディ原稿締切: 9月20日(火)(デモ・ポスター論文を含む)


** 実行委員会 [#vbd507db]
- ワークショップ委員長: 藤田 茂(千葉工業大学) ~
- 組織委員長: 内山 彰(大阪大) ~
- 組織副委員長(財務担当): 石田 繁巳(はこだて未来大) ~
- 組織副委員長(ローカル担当): 村尾 和哉(立命館大) ~
- 組織委員(IT担当): 松田 裕貴(奈良先端大) ~
- 組織委員(出版担当): 水本 旭洋(大阪大) ~
- 組織委員(企画担当): 田谷昭仁(青山学院大) ~
- プログラム委員長: 荒川 豊(九州大) ~
- プログラム副委員長: 勝間 亮(大阪公立大) ~
- プログラム副委員長: 義久 智樹(大阪大) ~
- プログラム副委員長(デモポスター担当): 中村優吾(九州大) ~
- アドバイザ: 乃村 能成(岡山大) ~
- アドバイザ: 田上 敦士(KDDI総合研究所) ~

** プログラム委員 [#y6ed622c]
上嶋 明(岡山理科大学), 小島 俊輔(熊本高等専門学校八代キャンパス), 山口 実靖(工学院大学), 横山 和俊(高知工科大学), 村上 真(東洋大学), 中村 嘉隆(京都橘大学), 神崎 映光(島根大学), 上田 浩(法政大学), 植田 和憲(高知工科大学), 梅森 直人(NTTデータ), 王 元元(山口大学), 佐藤 将也(岡山県立大学), 劉 志(電気通信大学), 武田 直人(KDDI総合研究所), 郡浦 宏明((株), 日立製作所), 山口 真悟(山口大学大学院創成科学研究科), 坂本 真仁(金沢工業大学), 宮地 利幸(情報通信研究機構), 髙橋 晶子(仙台高等専門学校), 岩澤 永照((公財)鉄道総合技術研究所), 安倍 広多(大阪市立大学), 山中 仁昭(海上保安大学校), 山本 眞也(山口東京理科大), 藤本 章宏(和歌山大学), 内林 俊洋(九州大学), 森山 英明(有明高専), 湯村 翼(北海道情報大学), 和泉 諭(仙台高専), 中島 一彰(日本電気(株))

** これまでの開催地 [#a78755af]
湯布院(1993年3月)、蔵王(1993年11月)、飯坂(1994年)、伊勢志摩(1995年)、八幡平(1996年)、会津(1998年)、別府(1999年)、南信州(2000年)、安比高原(2001年)、函館(2002年)、阿蘇(2003年)、和倉(2004年)、那覇(2005年)、霧島(2006年)、加賀(2007年)、萩(2008年)、層雲峡(2009年)、日南海岸(2010年)、十和田湖(2011年)、奥道後(2012年)、草津(2013年)、玉造(2014年)、雲仙(2015年)、田沢湖(2016年)、温根湯(2017年)、川上峡(2018年)、登別(2019年)、伊東@ハイブリッド(2020年)、霧島@ハイブリッド(2021年)


** 注意事項 [#u24c64b4]
ワークショップ予稿集の電子化に伴い,掲載される論文の公知日は,ワークショップの開催日初日の1週間前となります.特許申請の扱い等の際にはご注意ください.
詳細については以下のURLをご参照ください.~
http://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html